:::

台湾の今年の成長率予測は6.09%、11年で最高

  • 29 November, 2021
  • 早田健文
台湾の今年の成長率予測は6.09%、11年で最高
台湾の今年の成長率は、最新予測でこの11年で最高となる6.09%。(写真:CNA)

行政院主計総処はこのほど、台湾の今年の経済成長率予測を、この11年で最高となる6.09%に上方修正しました。前回予測から0.21ポイント引き上げました。また、来年の経済成長率予測についても、4.15%に上方修正しました。前回予測より0.46%引き上げました。

主計総処は上方修正の要因として、民間投資の大幅な増加を挙げています。また、比較の対象となる昨年の経済成長率は高い水準だったものの、今年はさらに好成績を上げており、また投資が将来の生産能力を表すものであることから、来年の台湾経済は引き続き拡張すると予測しています。

5G(第5世代移動通信システム)、自動車用電子部品、高性能計算、モノのインターネット(IoT)など新しい需要が拡大しているため、台湾の半導体メーカーが生産能力を拡大しており、また海外に進出していた企業が工場建設を台湾に戻していること、さらにグリーンエネルギー産業への投資が増加していることなどから、今年第4四半期(10~12月)の民間投資の増加率は、前回予測を7.8ポイント上方修正し、18.2%の増加が予測されています。これにより、今年通年では、前回予測を6.99ポイント上方修正し、新しい予測は18.88%となりました。

なお、今年の消費者物価指数(CPI)の上昇率は1.98%、来年は1.61%と予測されています。

関連のメッセージ

本分類最新more