:::

フォト台湾

台湾の民間シンクタンク、財団法人国策研究院文教基金会が主催し、陳啓川先生文教基金会、当代日本研究学会が協力する「影響力論壇(=インパクト・フォーラム)」が1日、台湾北部・台北市の張栄発基金会国際会議センターで開催され、日本の安倍晋三元首相がオンライン方式で「新時代の日台関係」と題する基調講演を行い、「台湾有事は日本有事。すなわち日米同盟の有事でもある」と指摘した。(写真:RTI)
台湾の民間シンクタンク、財団法人国策研究院文教基金会が主催し、陳啓川先生文教基金会、当代日本研究学会が協力する「影響力論壇(=インパクト・フォーラム)」が1日、台湾北部・台北市の張栄発基金会国際会議センターで開催され、日本の安倍晋三元首相がオンライン方式で「新時代の日台関係」と題する基調講演を行い、「台湾有事は日本有事。すなわち日米同盟の有事でもある」と指摘した。(写真:RTI)
外交部(日本の外務省に相当)、立法院(国会)、全米民主研究所(NDI)、財団法人台湾亜洲交流基金会(TAEF)の共催による、2021年「開放国会論壇(2021 Open Parliament Forum、開かれた国会フォーラム)」が2日と3日、台湾北部・台北市内で開かれている。蔡・総統はあいさつの中で、民主主義の防衛線の最前線にある台湾は、世界各国と経験を共有したい。すべての民主主義国家と、双方が共有している民主、自由の価値を守りたいと述べ、今後も民主主義国家との連携を強化し、民主陣営をさらに強固で強靭性のあるものにしたいと期待を示した。(写真:CNA)
外交部(日本の外務省に相当)、立法院(国会)、全米民主研究所(NDI)、財団法人台湾亜洲交流基金会(TAEF)の共催による、2021年「開放国会論壇(2021 Open Parliament Forum、開かれた国会フォーラム)」が2日と3日、台湾北部・台北市内で開かれている。蔡・総統はあいさつの中で、民主主義の防衛線の最前線にある台湾は、世界各国と経験を共有したい。すべての民主主義国家と、双方が共有している民主、自由の価値を守りたいと述べ、今後も民主主義国家との連携を強化し、民主陣営をさらに強固で強靭性のあるものにしたいと期待を示した。(写真:CNA)
2021年「開放国会論壇(2021 Open Parliament Forum、開かれた国会フォーラム)」が2日と3日、台湾北部・台北市内で開かれている。このフォーラムに参加するため、台湾を訪問している、全米民主国際研究所のデレク・ミッチェル所長(左)は、「過去10数年、台湾は常に開かれた国会と開かれた政府のリーダーの役割を果たしている。周知の通り、全米民主国際研究所の台湾オフィスは、今年3月に発足した。我々は、ここを地域の業務の中心地とし、アジアで民主主義の価値の向上を図ると共に、台湾の経験も紹介している」と述べた。右は、游錫堃・立法院長(国会議長)。(写真:RTI)
2021年「開放国会論壇(2021 Open Parliament Forum、開かれた国会フォーラム)」が2日と3日、台湾北部・台北市内で開かれている。このフォーラムに参加するため、台湾を訪問している、全米民主国際研究所のデレク・ミッチェル所長(左)は、「過去10数年、台湾は常に開かれた国会と開かれた政府のリーダーの役割を果たしている。周知の通り、全米民主国際研究所の台湾オフィスは、今年3月に発足した。我々は、ここを地域の業務の中心地とし、アジアで民主主義の価値の向上を図ると共に、台湾の経験も紹介している」と述べた。右は、游錫堃・立法院長(国会議長)。(写真:RTI)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官が、新たな変異株「オミクロン株」が多くの国で確認され、台湾にも侵入する可能性があるとして、2日から新型コロナウイルスワクチンの三回目の接種を始めると明らかにした。異なるワクチンの混合接種が認められていることと、米モデルナ製ワクチンが十分あるため、三回目の接種にはモデルナ製ワクチンが提供されているという。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)
台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官が、新たな変異株「オミクロン株」が多くの国で確認され、台湾にも侵入する可能性があるとして、2日から新型コロナウイルスワクチンの三回目の接種を始めると明らかにした。異なるワクチンの混合接種が認められていることと、米モデルナ製ワクチンが十分あるため、三回目の接種にはモデルナ製ワクチンが提供されているという。(写真:「中央感染状況指揮センター」提供)