台湾ミニ百科(2019-11-08)試合に負けた後は「焼き餃子」?

  • 08 November, 2019
  • 曾 輿婷
11/7の試合は、台湾が1-8で日本に負けた。(写真:CNA)

「WBSC世界野球プレミア12」グループBのオープニングラウンドは、昨日、7日の夜に行われた、台湾と日本の対戦で幕を下ろしました。

台湾はこれまでに、プエルトリコとベネズエラとの対戦で、それぞれ6-1と3-0で勝ちました。日本はかなりの強敵ですが、この勢いで三連勝を手に入れることができるのかと、多くの期待が寄せられていました。しかし残念ながら、試合は、結局台湾が1-8という大きな差で日本に負けました。

ところで、7日の生中継の動画の下には、いくつか気になる書き込みがありました。

「該去買鍋貼了(そろそろ焼き餃子を買いに行ってもいいかも)」「決定了,明天午餐就吃鍋貼吧(よし、明日の昼ごはんは焼き餃子だな)」など。最初は、雑談かと思っていましたが、試合の終了に近づくにつれて、鍋に貼り紙の貼ると書く「鍋貼(焼き餃子)」という単語が出てくる頻度も増えました。一体どういうことでしょうか?

実は、この「鍋貼(焼き餃子)」は、本当の焼き餃子のことではなく、台湾最大規模のネット掲示板「PTT」から発祥した流行語ですよ。

 

(編集:曾輿婷/王淑卿)