:::

中経院、今年のGDP成長率を上方修正

  • 15 April, 2014
  • Editor
中経院、今年のGDP成長率を上方修正
中華経済研究院、今年のGDP成長率を上方修正

景気が好転、台湾のシンクタンク、中華経済研究院が今年の経済成長率予測値を3.05%に上方修正した。中華経済研究院は15日、2014年の台湾経済成長率の予測値を3.05%と発表した。これは行政院主計総処が発表した予測値2.82%より高くなっている。

中華経済研究院の呉中書・院長は、経済成長率の予測値を上方修正した原因について、「現在、世界経済は、われわれの予測より、さらに穏やかに回復していることから、台湾の輸出がよくなると見込まれている。そのため、今年の経済成長率を0.02ポイント上方修正し、3.05%にした。」と説明。

中華経済研究院経済展望センターの劉孟俊・主任は、今年世界経済が緩やかに回復しているが、来年台湾と全世界の経済が好転すると予測されている。経済がこのまま回復に向かえば、2015年、中華民国台湾の経済成長率は3.16%に達する見込みだ。」と予測した。

関連のメッセージ

本分類最新more