:::

蔡・総統がCPTPP参加意向表明、高市早苗議員が支持

  • 21 September, 2021
  • 曾輿婷
蔡・総統がCPTPP参加意向表明、高市早苗議員が支持
与党・民進党の主席を兼務する蔡英文・総統が20日、民進党の主席として日本の自民党総裁選に立候補している高市早苗議員とビデオ通話で会談した。 蔡・総統は電話会談の中で、日本の関係者が「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」など自由貿易協定への台湾参加に協力するよう呼びかけた。それに対して、高市議員は「CPTPP参加の前提となる諸問題を解決することも含めて、日本は参加を支持し、それに向けてできる限りの支援をしたいと考えている」と話した。(写真:民進党提供、CNA)

与党・民進党の主席を兼務する蔡英文・総統が20日、民進党の主席として日本の自民党総裁選に立候補している高市早苗議員とビデオ通話で会談しました。

蔡・総統は電話会談の中で、日本の関係者が「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」など自由貿易協定への台湾参加に協力するよう呼びかけました。それに対して、高市議員は「CPTPP参加の前提となる諸問題を解決することも含めて、日本は参加を支持し、それに向けてできる限りの支援をしたいと考えている」と話しました。

蔡・総統は、「台湾と日本の協力関係は非常に重要な絆になる。しかし、私たちは戦略と秩序が急激に変化しているこの時代に生きている。これはすべての国とその国家元首にとって厳しいチャレンジだ」と指摘し、台湾、日本、および地域内のすべての国々がともに平和と安定を求めることに期待を示しました。

高市議員は、蔡英文・総統の話に「全く同感だ」と話し、台湾と日本の関係について、「日本と台湾の間では実務交流が盛んに行われている。この実務交流は多くの分野を超えたのみならず、地域の平和と秩序の安定を維持する安全保障関係も含まれている」と話し、「日本と台湾との関係がそのようなものでありたいと切に願っている」と述べました。また、高市議員は、「安全保障というのは国防ばかりではなく、経済の安全保障にも焦点を当てたい。台湾積體電路製造(TSMC)の生産拠点の日本への移設のみならず、あらゆる産業においても日本と台湾が手を携えてリードしていく」と期待を示しました。

(編集:曾輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more