:::

蔡・総統、CPTPP加盟で海外台湾企業の回帰投資呼びかけ

  • 28 September, 2021
  • 曾輿婷
蔡・総統、CPTPP加盟で海外台湾企業の回帰投資呼びかけ
蔡英文・総統が28日午前、「世界台湾商会連合総会(WTCC)第27回年次総会および第3回理事監事合同会議」の開幕式に参加し、台湾のCPTPP加盟について、世界各地で展開している台湾企業関係者の協力を呼びかけた。(写真:世界台湾商会連合総会のフェイスブックより)

蔡英文・総統が28日午前、「世界台湾商会連合総会(WTCC)第27回年次総会および第3回理事監事合同会議」の開幕式に参加し、台湾のCPTPP加盟について、世界各地で展開している台湾企業関係者の協力を呼びかけました。

蔡・総統は、「世界中を奔走する台湾の企業家たちは、台湾が世界へ進出する大きな助力である。特に新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるっている今、台湾の企業家たちは寄付金や支援物資の無償提供などを通じて、各国が新型コロナウイルスに対抗する手助けとなっている。企業家たちの活躍により、台湾は世界各国から認められ、重視されている」と話し、世界各地にいる台湾の企業家に感謝の意を述べました。

蔡・総統は先週、政府がニュージーランドの外務貿易省に、「環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(CPTPP)」への加盟を正式に申請したことに触れ、「これは台湾の決意の現れだ。私たちはすでに準備が整っている」と述べ台湾の企業家たちに、ともに世界各国で台湾のビジネスチャンスを切り開こうと呼びかけています。

また、蔡・総統は、「新型コロナウイルスの影響で経営難に悩んでいる台湾の企業家を対象に、僑務委員会と財団法人中小企業信用保証基金は今年、経済振興4.0プロジェクトを打ち出し、企業家に融資している」と説明しました。

蔡・総統はまた、台湾企業の海外進出をサポートするのと同時に、台湾の企業家の回帰投資をも歓迎、政府が土地、租税の優遇措置、融資などの問題解決も支援すると紹介しました。

蔡・総統は、「一昨年から、海外の台湾企業関係者による回帰投資に対してその融資の手数料を補助する『歡迎台商回台投資行動方案(海外台湾企業関係者回帰投資歓迎プロジェクト)』、地元企業と中小企業への台湾投資奨励策として、『根留台灣企業加速投資行動方案(台湾に根を下ろす企業の投資促進プロジェクト)』と『中小企業加速投資行動方案(中小企業投資促進プロジェクト)』など「投資台湾三大方案」を打ち出しており、土地の賃貸借と租税の優遇措置、特別融資などのサポートを行っている。いずれも専属スタッフがいる。投資台湾オフィスの努力の下、今年9月10日まで、すでに991社の企業、総額台湾元1兆3000億元(およそ日本円5兆2000億円)の投資の誘致に成功した。企業家の皆さん、ぜひ台湾に戻ってきて、ともに努力してほしい」と呼びかけました。

(編集:曾輿婷/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more