:::

Taiwan NOW計画、台日文化交流の新たな一里塚

  • 30 September, 2021
  • 王淑卿
Taiwan NOW計画、台日文化交流の新たな一里塚
文化部が国家文化芸術基金会に委託し、同基金会の林曼麗・理事長(左から3人目)が総監督を兼務し、文化台湾基金会が主催する、台湾と日本の文化交流事業「Taiwan NOW芸術プロジェクト」が10月から12月にかけて、日本の東京、台湾の高雄、それにオンライン会場で開催される。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(右から3人目、=駐台大使)もプロモーション記者会見に駆けつけ、支持を表明した。写真中央は文化部の李永得部長。(写真:RTI)

台湾の選手代表団が東京オリンピックで好成績を挙げたのを受け、文化部は、文化オリンピックのモデルに基づいて「文化ナショナルチーム」を結成し、現代アートを主軸とする「台湾ナウ芸術プロジェクト」を打ち出しました。財団法人国家文化芸術基金会のの林曼麗・理事長は、総監督を兼務しています。

このプロジェクトは、昨年開催予定の2020東京オリンピックに合わせて日本で実施される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大により、今年に延期されました。開催形態もリアルとオンライン2パターンになります。10月から12月まで三ヶ月にわたってそれぞれ日本と台湾で開催されます。

主催機関の文化台湾基金会は29日、台北で記者会見を開き、プロジェクトの内容を公表しました。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表も会場に駆けつけ、支持を表明しました。

「台湾ナウ芸術プロジェクト」は、台湾と日本の三つの会場で実施され、20組を超える台湾と日本のチームが参加します。最初に登場するのは、10月2日から10月17日にかけて、台湾設計研究院が日本東京のGOOD DESIGN Marunouchi (東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1階)で開催する「未来の花見:台湾ハウス」です。台湾デザインとは何かという問いに作品で応える展覧会です。

続いて登場するのは10月30日から11月14日にまでの「聚(東京2020)、Untitled Gathering (Tokyo 2020)」。台湾のアーティスト・林明弘(マイケル・リン)と日本人建築家・アトリエ・ワンのコラボレーション作品です。メイン会場であるKITTEアトリウムからインスピレーションを得て作ったものです。テーブルとベンチ、スツールで構成され、台湾の伝統的な「台湾花布」を用いた大胆な図案がデザインに取り入れられています。

もう1人のアーティスト・李明維(リー・ミンウェイ)は、東京大学綜合研究博物館JPタワー学術文化綜合ミュージアム インターメディアテク(東京都千代田区丸の内2丁目7−2 KITTE 2・3階)で「如実曲径(私たちのラビリンス)」と題するパフォーマンス作品を披露します。

10月30日にオープニング特別ダンス公演が行われ、日本のダンサーは、台湾出身の振付師・蔡博丞(ベンソン・ツァイ)の作品「浮花(フローティング・フラワーズ)」を披露します。

台湾文化に詳しい日本の芸術家・柳 美和は12月25日、台湾南部・高雄市にある衛武営国家芸術文化センターで日台合作による「台湾オペラ」とも呼ばれる「歌仔戯(ゴアヒ)」、「アフロディーナ~阿婆蘭(アポーラン)」の初公演を行います。台湾在来種の蘭の花「阿婆蘭」からインスピレーションを得たものです。

主催機関は、より多くの方に楽しんでもらおうと、「イマーシブシアター(没入型演劇)」オンライン劇場も設け。観客は、公式ウェブサイトを通じて期間限定の「クラウド会場」を訪れ、台湾の各分野の芸術家の作品を楽しむことができます。

国家文化芸術基金会の林曼麗・理事長は、このプロジェクトについて、「新型コロナウイルスに対抗するプロセスの中で、みんな共存共栄、共栄共有こそ、人類が生き残る道だということが分った。このような精神の下、共に一輪の華やかな花を咲かせる『Taiwan NOW芸術プロジェクト』の存在意義が一層大きくなった。この芸術プロジェクトを通じて共に一輪の華やかな花を咲かせる概念を表現し、みなが共に明るい未来を迎えられ、各種の価値観を共有できるよう願う」と述べました。

関連のメッセージ

本分類最新more