:::

PTS、英語チャンネル「PTS WORLD TAIWAN」を開設

  • 07 October, 2021
  • 中野理繪
PTS、英語チャンネル「PTS WORLD TAIWAN」を開設
国際社会に台湾のことをアピールするため、台湾の公共電視(PTS)は4日、無料動画投稿サイト・YouTubeに「PTS WORLD TAIWAN」という全編英語のチャンネルを開設した。(写真:RTI)

国際社会に台湾のことをアピールするため、台湾の公共電視(PTS)は4日、無料動画投稿サイト・YouTubeに「PTS WORLD TAIWAN」という全編英語のチャンネルを開設し、PTS製作の様々なドキュメンタリー映像やドラマ、ライフスタイル番組などを配信している。このチャンネルは、世界の人々に台湾の文化を知ってもらうための重要な窓口になるよう期待が持たれている。

*****

文化部が推し進めている全編英語の国際映像プラットフォーム「Taiwan+(タイワンプラス)」に続き、台湾の豊富な素晴らしい番組内容を有する公共テレビ(PTS)が4日、全編英語のYouTubeチャンネル「PTS WORLD TAIWAN」を開設しました。

開設記者会見では無垢劇場(Legend Lin Dance Theatre)によるパフォーマンスも行われ、「PTS WORLD TAIWAN」が今後、台湾の文化や生活に関するコンテンツをプラットフォームの目玉として打ち出していくことを示しました。

プラットフォームには「斯卡羅(Seqalu)」や、「茶金(Gold Leaf)」、「奇蹟的女兒(The Coming Through)」といった、PTS製作の話題のドラマや、ライフスタイル系番組「我在市場待了一整天(See You At The Market)」、生態系や農村など、多元的なテーマのドキュメンタリー映像、そしてPTSの長寿子供向け番組「水果冰淇淋(Fruity Ice Cream)」などが、続々とアップされています。

4日の開設記者会見には、世界的に名を知られている台湾の映画監督蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督、司会者の趙自強、俳優の楊貴媚(ヤン・クイメイ)、溫昇豪(ジェームス・ウェン)もお祝いに駆け付けました。

蔡明亮・監督

「宜蘭(北東部)にある台湾の著名な建築家黃聲遠氏の壯圍沙丘旅遊服務園區で私のシリーズ作品『行者(Walker)』が放送されている。このような番組は一般のテレビではなかなか放送されない。フランスの『Arte』、彼らくらいだ。なぜなら彼らの視聴者はとても多元的だ。PTSはこのような多元的な概念を国際社会に広げたいことは、非常に良いことだと思う。」

趙自強

「以前は、台湾の子供たちだけにしか見せてあげられないと残念がっていた。しかし、今は世界中の子供たちに見せることができる。」

PTSの陳郁秀・董事長(会長)は、「PTS WORLD TAIWAN」は台湾の総合的な文化イメージを主体としており、「TAIWAN+」とは競争関係ではなく、同じナショナルチームという概念だいと強調しました。

陳郁秀・董事長

「我々はナショナルチームだ。だから共に協力していく。いつでも協力できる。今は2つのプラットフォームがあるが、国のために奉仕する。だから何の問題もない。我々のほとんどは台湾に関するコンテンツで、生態系や文化、エネルギッシュな社会や、歴史的遺産など、国全体のブランドイメージ、全体の内容だ。」

PTSは初期段階、「PTS WORLD TAIWAN」は、100時間の番組を同時にアップする予定で、英語字幕サービスの他、インドネシア語、ベトナム語、タイ語のニュースも提供していることから、様々な国家もYouTube翻訳字幕を利用して見ることができます。より多くの人に台湾の優れた文化コンテンツを見てもらい、台湾を知ってもらうことは、PTSが台湾のコンテンツのマーケティングやプロモーションを行う際の一助となると信じているということです。

(編集:中野理絵/王淑卿)

関連のメッセージ

本分類最新more