:::

国慶節談話、蔡・総統:中国が設定した路線を歩まないよう台湾守る

  • 10 October, 2021
  • 王淑卿
国慶節談話、蔡・総統:中国が設定した路線を歩まないよう台湾守る
民国110年双十国慶節祝賀大会が10日午前、総統府前広場で行われ、蔡英文・総統は、「共通認識で意見の相違を解消、団結して台湾を守ろう」と題して談話を発表した。両岸問題について、蔡・総統は、「我々の善意は変わっておらず、約束も変わっていない。現状維持は我々の主張だ」と表明、両岸が紛争を解決するには、まず平等な対話が必要だと指摘すると共に、この現状が一方的に変えられることを阻止することに全力を尽くすと強調した。(写真:CNA)

10月10日は中華民国の建国記念日、双十国慶節です。蔡英文・総統が10日午前、総統府前広場で行われた祝賀大会で談話を発表しました。

蔡・総統によりますと、中華民国は、過去72年来、最も複雑で変化が激しい局面に直面しています。台湾は、両岸関係の安定を希望しており、暴走することはせず、圧力に屈服することもありません。これからも自らを防衛する決意を示し、中国が設定した路線を歩まないよう台湾を守ると強調しました。

地域の情勢について、蔡・総統は、台湾が発展すればするほど、中国からの圧力が大きくなると指摘、我々は気を緩めてはいけないと警戒を呼びかけました。蔡・総統によりますと、国際的な政治情勢が激しく変化し、自由、民主を支持する国々は、いずれも権威主義国家の勢力拡張に対して警戒を高めています。台湾は民主国家の防衛ラインの最前線に位置しています。そのため、今、台湾は過去72年来、最も複雑で変化の激しい局面に立っています。台湾の歩みは、世界の未来の動向に影響を及ぼします。世界の未来の動向は、台湾の前途にも影響を与えます。

蔡・総統は、台湾が地域の平和と発展のために力を貢献したいと重ねて表明しています。両岸関係について、蔡・総統は、我々の善意は変わっておらず、約束も変わっていない。現状維持は我々の主張だと明言、この現状が一方的に変えられることを阻止することに全力を尽くす。両岸が紛争を解決するには、まず平等な対話が必要だと指摘しました。

蔡・総統は、「我々は両岸関係の安定を希望している。軽率な行動はしないが、それで台湾人が圧力に屈服すると思わないでください。我々は今後も国防力の向上に努め、自分を守る決意を示す。誰も私たちに中国が設定した路線を歩ませるよう圧迫することが出来ないよう自分を守る。なぜなら、中国が設定した路線の中には、台湾の民主、自由な生活パターンはなく、台湾の2300万人の主権もないからだ」と述べました。

蔡・総統はさらに、全世界の半導体チップの品薄は、サプライチェーンにおける台湾の重要性を浮き彫りにしている。インド太平洋地域の情勢の変化に伴い、地域における台湾の重要度に再び注目が集まるようになり、台湾の議題も重視されるようになっている。ますます多くの民主国家が台湾を支持するようになっている。台湾は自分には、理念の近いパートナーと手を携えて国際社会に貢献する力があると信じている。台湾の国際社会におけるイメージは、もはや「アジアの孤児」ではなく、勇敢に挑戦に向き合うことの出来る「強靭な島(レジリエントなアイランド)」なのだと述べました。

関連のメッセージ

本分類最新more