:::

呉釗燮・外交部長、スロバキアとチェコを訪問

  • 21 October, 2021
  • 王淑卿
呉釗燮・外交部長、スロバキアとチェコを訪問
わが国と中東欧国家とのさらなる交流と連携を強化するため、呉釗燮・外交部長(写真)が近く招きに応じてスロバキアとチェコを訪問する。呉・外交部長は、スロバキアで行われる「台湾フォーラム」で、コロナ禍後の強靭性と世界各国の経済連携について基調講演を行う。(写真:資料写真、RTI)

外交部が21日、わが国と中東欧国家とのさらなる交流と連携を強化するため、呉釗燮・外交部長が近くスロバキアとチェコを訪問すると明らかにしました。

呉釗燮・外交部長は、スロバキアのシンクタンクの招きに応じてスロバキアを訪問、26日に同シンクタンク主催の台湾フォーラムで、コロナ禍後の強靭性と世界各国の経済連携について基調講演を行います。

スロバキア訪問終了後、呉・外交部長は、チェコの首都プラハに向かいます。滞在期間中、チェコ上院のミロシュ・ビストルチル議長による勲章の授与を受け、プラハ市のズデニェク・フジブ市長を表敬訪問するほか、チェコ科学アカデミーとシンクタンクの共催による「中国を解析」と題されるシンポジウムに出席します。

外交部の欧江安・報道官によりますと、近年、台湾と中東欧国家の関係が次第に深まっています。チェコ上院のビストルチル議長が代表団を率いて台湾を訪問した後、中東欧の国々も、民主国家の団結力と協力の精神を見せ始めました。チェコ、スロバキア、リトアニア、ポーランドが相次いで台湾に新型コロナワクチンを無償提供し、「善良の力の循環」と、困難なときに助け合う民主国家の友情を見せてくれました。これで台湾と中東欧国家との協力関係が一層深まったということです。

欧江安・報道官は、呉釗燮・外交部長の中東欧訪問は、20日に出発した中東欧三ヶ国への経済貿易視察団とスケジュールが重なっていないが、互いに呼応する関係にあると説明しました。

欧江安・報道官は、「両方とも台湾の重要な戦略的地位、経済貿易面における台湾の強い実力、民主と自由を守る台湾の決意を具体的な行動で説明するものだ。台湾は、今後、強靭性のある民主国家の間のサプライチェーンの構築、台湾海峡の平和と安定を維持する取り組みにおいても、引き続き重要な役割を果たしていく」と説明しました。

なお、対中政策に関する列国議会連盟(英語: Inter-Parliamentary Alliance on China、IPAC)が呉釗燮・部長をイタリア・ローマで行われる活動に招請したことについて、欧江安・報道官は、スケジュールが合わず、各国の感染症対策に関する規定に合わせなければならないため、呉釗燮・外交部長は自ら出席することが出来ず、オンラインでの参加になると明らかにしました。

対中政策に関する列国議会連盟は、19か国と欧州議会の超党派議員170人以上から成る国際議員連盟です。

関連のメッセージ

本分類最新more