:::

フォト台湾

台湾では21日、新型コロナウイルスの域内感染者が75人増え、5月19日、台湾全域を対象に感染症警戒レベル第3級が発令されて以来の最低を記録したが、死亡者数は依然として二桁と改善が見られない。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官(写真)は、死亡者数は、新規域内感染者数が減少に転じて一、二週間後に改善が見られる見通しを示したものの、「ちょっとリラックスしてもいいが、防疫対策を緩めてはいけない」と、マスクの着用や個人環境の消毒の徹底を呼びかけている。(写真:衛生福利部の定例記者会見のスクリーンショット)
台湾では21日、新型コロナウイルスの域内感染者が75人増え、5月19日、台湾全域を対象に感染症警戒レベル第3級が発令されて以来の最低を記録したが、死亡者数は依然として二桁と改善が見られない。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官(写真)は、死亡者数は、新規域内感染者数が減少に転じて一、二週間後に改善が見られる見通しを示したものの、「ちょっとリラックスしてもいいが、防疫対策を緩めてはいけない」と、マスクの着用や個人環境の消毒の徹底を呼びかけている。(写真:衛生福利部の定例記者会見のスクリーンショット)
アメリカが無償提供するアメリカ製モデルナワクチン250万回分が20日に台湾に無事到着した。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官(右)とアメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台協会台北事務所のブレント・クリステンセン所長(左)は、「Thank You、台米友好」などの文字を大きく書かれたパネルを手にして空港までワクチンを出迎えた。陳時中・指揮官は、クリステンセン所長の努力に特に謝意を表した。(写真:CNA)
アメリカが無償提供するアメリカ製モデルナワクチン250万回分が20日に台湾に無事到着した。台湾の新型コロナウイルス感染症対策本部「中央感染状況指揮センター」の陳時中・指揮官(右)とアメリカの対台湾窓口機関、アメリカ在台協会台北事務所のブレント・クリステンセン所長(左)は、「Thank You、台米友好」などの文字を大きく書かれたパネルを手にして空港までワクチンを出迎えた。陳時中・指揮官は、クリステンセン所長の努力に特に謝意を表した。(写真:CNA)
アメリカが台湾に無償提供する、アメリカのモデルナ製ワクチン250万回分が20日夕刻、台湾に無事到着した。外交部の呉釗燮・部長(写真)は20日夕刻、ツイッターで「ワクチンの到着を見て非常に感動した。これらのワクチンにより多くの命が救われる。ワクチンの無償提供は、台湾とアメリカのゆるぎない友情と価値観の共有に対する約束のもう一つの表れだ。台湾人は永遠にそれを忘れない」として感謝を表明した。(写真:資料写真、外交部提供、CNA)
アメリカが台湾に無償提供する、アメリカのモデルナ製ワクチン250万回分が20日夕刻、台湾に無事到着した。外交部の呉釗燮・部長(写真)は20日夕刻、ツイッターで「ワクチンの到着を見て非常に感動した。これらのワクチンにより多くの命が救われる。ワクチンの無償提供は、台湾とアメリカのゆるぎない友情と価値観の共有に対する約束のもう一つの表れだ。台湾人は永遠にそれを忘れない」として感謝を表明した。(写真:資料写真、外交部提供、CNA)