:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2018/11/29)台北室內合唱団「天黒黒」

  • 29 November, 2018
ウーロンブレーク(木曜日)
天黒黒は、島国である台湾でよく雨が降ることを体現している。地域によって歌詞はいくつかのバージョンがある。(写真:CNA)

今週はいつもと少し違って、台北室内合唱団による、台湾最大の方言、台湾語の伝統的な歌謡「天黒黒」をお聞きいただきましょう。

天黒黒は「空が真っ暗になった」という意味です。「空が真っ暗になって、雨が降りそうになった。おじいさんクはクワを持って芋を掘りに行った。掘って、掘って、一匹のドジョウが出た」と、曲の前半はおじいさんが芋を掘る過程を歌い、後半はおじいさんとおばあさんがドジョウの料理法について大喧嘩して、鍋まで壊したという滑稽な様子を歌っています。

 

この歌はいつから歌われていたのかは分かりませんが、1960年代、台湾のミュージシャン、林福裕さんがこの童謡を実際の曲にして発売したのが、広く知られるようになったきっかけだと言われています。

 

関連のメッセージ