:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2020-12-17)羅文裕「哥哥留下來的吉他」

  • 17 December, 2020
ウーロンブレーク(木曜日)
(写真:ウイング・ローのアルバム『當太陽升起時』)

今週は、台湾の2番目に大きいエスニックグループ、客家人の言葉、客家語の歌「哥哥留下來的吉他」をお送りいたします。「兄さんが遺したギター」という意味です。この歌は、客家語の男性歌手、羅文裕(Wing Lo/ウイング・ロー)が2019年に、兄を亡くしたあとに創作した歌です。

ウイング・ローは、兄が亡くなる数日前に、ギターを譲り受けました。告別式が終わった夜、ウイング・ローは台湾南部、高雄市美濃区の実家でこの歌を作り、兄への想いを歌っています。

「兄さん、貴方が遺したギターで、貴方の大好きなあの歌のメロディを弾いているよ。兄さん、どこへ行っても、家のことは心配しないで。貴方の遺したギターを使って、ボクの夢には、常に貴方がいるよ」と歌っています。ウイング・ローはこのうたで、今年に台湾の方言の歌の創作を奨励する賞、台湾オリジナルミュージックアワード客家語部門の3位を受賞しましたよ。

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

関連のメッセージ