:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送ウーロンブレーク(2021-01-21)董事長楽団「思念的歌」

  • 21 January, 2021
ウーロンブレーク(木曜日)
(写真:YOUTUBEスクリーンショット)

今週は活動歴およそ25年、台湾の大御所ロックバンド、董事長楽団(ザ・チェアマン)の歌「思念的歌」をお聞きいただきましょう。「追想の歌」と翻訳させていただきます。この歌は、近年様々な分野に足を踏み入れているザ・チェアマンが、テレビドラマのために創作した、親子の愛を描く歌です。

「夜が深まってきて、窓の外の雨風が強くなった。扉の鍵を閉めずに、あなたの帰りを待つことで夜中になった」と、この歌には、子供の帰りを待っている母親から、子供へ贈る言葉が並べられています。

「この世間は、華やかで喧騒で、義理人情も薄い。しかし、地道に頑張り続ければ、神様はきっと見守ってくれるよ。一人で寂しいと感じたら、怖がらないで。私はあなたと一緒に、この喧騒な世の中を歩いていくから」と歌っています。親の愛情を思い出させる、かなり泣ける一曲ですよ。

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

関連のメッセージ