:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾博物館(2021-11-28)住民投票4項目の12月18日投票が近づく、与野党が遊説を活発化

  • 28 November, 2021
ミュージアム台湾(台湾博物館)
住民投票4項目の12月18日投票が近づき、与野党が遊説のため活発に動いている。この写真は、テーマの一つである液化天然ガス陸揚げ施設の建設現場。貴重な生態資源「藻礁」を守るため、建設の停止を求めるというのがテーマだ。与党・民進党は反対、最大野党・国民党は賛成だ。(写真:CNA)

値上げが相次ぐ、インスタント麺から自動車まで

トヨタ輸入車5車種は2~3.4%

食材のコスト、3カ月で15%上昇

 

家賃が上昇、10月の家賃指数104.77で1981年1月以来の最高

40年で178%上昇

新型コロナウイルス感染拡大で5~7月はやや低下も、それ以外の月は上昇

 

2400億元の武器調達予算が成立、台湾製武器8項目を調達

軍艦、ミサイル関係など

アメリカからの武器購入は含まず

アメリカと中国大陸の対立で、台湾の武器ビジネスが活況

 

住民投票4項目の12月18日投票が近づく、与野党が遊説の動き活発

政府が第4原子力発電所に反対、台湾電力関係者の立場微妙に

推進派の最大野党・国民党内部で異論、地元の新北市長・宜蘭県知事が支持せず

行政院農業委員会の陳吉仲・主任委員「ラクトパミンは健康食品のようなもの」、批判が集中

蔡英文総統が液化天然ガス陸揚げ施設の建設現場を視察、建設続行をアピール

 

台中市第二選挙区の立法委員補欠選挙1月9日投票、5人が立候補

与党・民進党と最大野党・国民党の全面対決

国民党候補の勢力基盤、大甲鎮瀾宮が資産を公開

民進党候補、記者の質問に「質問しているのか、意見を発表しているのか」と反問

 

与党・民進党が憲法改正案を公表、最大野党国民党との共通点は選挙権18歳からに引き下げ

Program Host

関連のメッセージ