:::

Rti 台湾国際放送Rti 台湾国際放送台湾経済最前線(2021-12-02)春節(旧正月)前ボーナス「年終獎金」、発給予定の企業は67%

  • 02 December, 2021
台湾経済最前線
半導体最大手の台湾積体電路(tsmc)は、高雄市での大型投資を決定した。建設予定地は、台湾中石の高雄製油所の跡地。周辺の不動産市場にすでに変化が現れている。(写真:CNA)

春節(旧正月)前ボーナス「年終獎金」、発給予定の企業は67%

2020年の64%からやや上昇

「決めていない」29.7%、「発給しない」4.8%

新型コロナウイルス感染の動向が発給意欲に影響

2022年の「春節」(旧暦1月1日)は2月1日

 

第4原子力発電所の建設計画再開、住民投票が間近

蔡英文総統「選択肢にない」

王美花・経済部長「再開しても建設には10年以上が必要」

 

全国工業総会の王文淵・理事長「台湾のエネルギーは輸入、風、太陽だけに頼ることはできない」

政府にエネルギー政策の再考を求める

 

半導体最大手の台湾積体電路(tsmc)、高雄市での大型投資を決定

7ナノメートル、28ナノメートルの微細加工技術が主体

2022年に起工、投資額は未発表

日本・熊本での投資は22ナノメートルと28ナノメートル

投資額は初期に70億米ドル

 

台湾積体電路(tsmc)の高雄市での大型投資、周辺不動産市場で売り惜しみ発生

台湾積体電路(tsmc)高雄工場周辺の住宅で30%値上がりが予測

 

使用曲 黃明志+小花(Namewee+Flower)「牆外(The Wall)」

Program Host

関連のメッセージ